アクセス・トラップ 森本 清美

アクセス・トラップ アフィリエイト
アクセス・トラップ

こんばんは、セブンラボです。
今日は暑かったですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日は米雇用統計ですね。
私はこれで、退場をくらったことがあります。
初心者でやり始めた頃、いろいろな情報を調べて予測して動いたのが良くなかったのでしょうか。

いきなり、逆に動き、またすぐに戻す。。。
大荒れの時の最初のだましで、えっ何があったの、という感じでしたね。
それで、一気に60万。。。
確か、ボーナス出たあとだったので、気が大きくなってしまったのでしょう。。。

損切りしない手法のセミナーを受けた後だったので、損切り設定をしていなかったのも悪かったですし、中途半端な資産でやってたのもよくなかったのでしょうね。

退場していなければ、プラスになっていたと思いますが、後の祭りです。

では、気を取り直して、「アクセス・トラップ 森本 清美」の紹介をしたいと思います。よろしくお願いします。

特定商法取引法に基づく表記

販売者名・・・ 森本 清美
所在地 ・・・ 広島県広島市安佐南区山本2-3-33-303
電話番号 ・・・ 080ー4553ー9086
販売価格・・・ 19800円 (税込)
販売URL ・・・ http://accesstrap.net/product/

評判

実践者の声にはかなり稼がれている
声ものっていますが、
この内容この価格と考えるとそんなに
良いものではないですね。

引用元  http://affiliatebiz3333.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

19,800円の価値のない商材のようですね。
今は、ネットで調べられますから、2万弱払う商材って、本当に良くないと買わないですよね。

森本清美のAccess Trap アクセス・トラップのデメリット
■毎日2,000文字の記事を書く必要がある
■個別メールサポートなし

引用元  https://review.net-busines.com/access-trap-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E8%80%85%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3/

2,000文字を毎日書く???
作文用紙5枚です。毎日この宿題があったらどうでしょうか?
しかもサポートなし。。。
続かないと思いますよ。

不安を抱えたまま毎日記事を書き続けるって出来なくないですか?か?
私には無理です。。
・質問に答えてくれる
・アドバイスをくれる
・正しい道へ案内してくれる
どれか1つでもしてくれるサポーターは絶対必要です!
初心者は教材を渡されるだけでは成功することはほぼ不可能ですから。
よって私からはアクセストラップはおすすめできません!

引用元  https://johowork.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E6%A3%AE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E7%BE%8E%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/

私も無理です!!

まとめ

今日は「アクセス・トラップ」の紹介をしました。
いかがでしたでしょうか。

それでは、販売サイトを見てみましょう。

・ブログに罠を仕掛けたら、あとはの~びりほったらかし
・勝手に集まる!
・新しい資産ブログノウハウ
・1日1記事から狙う月10万円のほったらかし収益
・コピペでも使えるキーワードツールつき

http://accesstrap.net/product/

集客するのは大変ですけど、これをみると簡単にできそうな感じがしてしまいますが、私だけでしょうか。

これは誇大広告ですよね。

情報商材はこういったオーバーな表現が多いですから、くれぐれも真に受けないでくださいね!

口コミを見ていると、あり得ないキャッチコピーに騙されるネットビジネス初心者さんがまだまだいらっしゃるようです。

初心者、未経験者に商材を売って儲けているとしか思えません。

本当に稼げる商材は、普通に流通するものでは決してないように思います。

購入者の利益を確保するため、飽和を避けるでしょう。

まずは、徹底的に情報を集めるべきです。

私も情報を集め、みなさんに提供していきたいと思います。

そうすることで、このような商材に興味を持つことも無くなると思います。

それでは、また次回まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました