【検証1(復習)】ドラゴン・ストラテジーFX グローバル・ロイズ株式会社 松山裕典

ドラゴン・ストラテジー FX
ドラゴン・ストラテジー

こんにちは、セブンラボです。
今日は連休2日目ですね。天気はそこそこといった感じでしょうか。

昨日は、サイトにプロフィールが表示されていなかったので、表示するようにしました。
WordPressも初心者ですが、わかってできてくると楽しいですね。

ということで、FXも再度勉強しようと思い、人気商材と言われているドラゴン・ストラテジーFXも買っていることですし、私レベルでも使えるのか、儲けがだせるのか検証し、このサイトにアップしていきたいと思います。

基本的には、ドラゴン・ストラテジーFXの教材を使用いたしますが、業者の回し者ではなく、あくまでも自身の勉強、備忘録として実施します。

少しでも、初心者の方々の参考になればいいと考えております。

それでは、よろしくお願いします。

「平均足」

ドラゴン・ストラテジーFXのチャート

ドラゴン・ストラテジーFXは、 平均足を使用していますので、まずは、平均足とはについてと特徴をみてみます。

「平均足」
●実体部分
 「上部の辺」と「下部の辺」が、以下のどちらかになります。
 ①始値・・・直前の平均足の始値・終値の平均値
       必ず前の足の実体の中心から描画される
 ②終値・・・期間中の現足の始値・高値・安値・終値の平均値
●ひげ部分
 ろうそく足と同じように、「上ひげ=高値」「下ひげ=安値」になります。

以下の図は、②が①を上回っている陽線になります。

「平均足の特徴」

・強いトレンドの時は、同じ色の平均足が続く
・平均足が 「陽転・陰転」 したらエントリーし、再び 「陽転・陰転」 したら決済
・上昇局面では下ひげがなく、上ひげの長い陽線が続く
・下降局面では上ひげがなく、下ひげの長い陰線が続く

トレンド転換予兆

トレンド転換予兆のチャート

拡大図①

・陰線(白)より、陽線(青)の実体が短い場合
 下落終了の可能性あり!?

拡大図②

・左側の陽線より、右側の陽線の実体が短い場合
 上昇終了の可能性あり!?

★陽線、陰線を問わず、前の足の実体部分より短い実体の場合、
 トレンドの変化の可能性あり

まとめ

平均足の見方
 1.陽線の連続は上昇トレンド、陰線の連続は下落トレンドを表します。
 2.平均足の実体の長さは、トレンドの強さを示しており、
   陽線、陰線を問わず前の足の実体部分より短い実体の平均足が出現した場合、
   トレンドに変化が起こる可能性を示唆しています。
 3.陽線の平均足に下ひげが出た場合は、売り転換が近いことを示しています。
 4.陰線の平均足に上ひげが出た場合は、買い転換が近いことを示しています。
 5.実体が短い平均足や、寄り引け同時線で上下の長いひげが出た平均足の場合は、
   相場の基調変化の可能性を示唆しています。

これらをそのタイミングで判断するには、経験と慣れが必要ですね。
ドラゴン・ストラテジーFXがしっかりとサインを出してくれればいいですが。。。

それでは、次回は、 ドラゴン・ストラテジーFX のエントリーについて勉強したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました