パーソナルFX 株式会社ワクレボ 加藤行俊

パーソナルFX FX
パーソナルFX

こんばんは、セブンラボです。
みなさんお元気ですか。

さて、今日ご紹介するのは、「パーソナルFX 株式会社ワクレボ 加藤行俊」です。
毎月50万円稼がせてもらえるのでしょうか。

それでは、紹介したいと思います。
よろしくお願いします。

特定商法取引法に基づく表記

販売者・・・ 株式会社ワクレボ
運営責任者・・・ 加藤行俊
所在地 ・・・ 〒104-0042 東京都中央区入船2丁目2番地14 U-AXIS 6階
電話番号・・・ 03-5244-9770(代表)
販売価格・・・ 0円
販売URL ・・・ http://personalfx.jp/opt/01/index.html

評判

パーソナルFXセミナーは無料ですが
コンサルの内容をセミナーで一部
公開し、ZOOMで個別に話を聞くことで
そのあとのコンサルやコミュニティ、
高額塾につなげるという流れに
なりそうですね。

引用元 https://www.keicop.com/?p=1757

お決まりのコースですね。

そして最後は、パーソナルFX(PERSONAL FX)をスパムメールから知った点。

明らかに特定電子メール法に違反しており、許されざる行為。
法律を遵守しなければ、いくらそれらしい言葉を並べたところで、誰一人として信用する人はいないと思います。
これはパーソナルFX(PERSONAL FX)の致命的な欠陥と言えるのではないでしょうか?

個人的にはこれらの疑問点・懸念事項が解消しない限り、間違っても利用する事は無いですね。

セミナーが無料だとしても、パーソナルFX(PERSONAL FX)そのもののサービス(マンツーマンサポート等)はおそらく有料

特定商取引法に関わる表記に「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません」と明記されていますし、利用に際してはくれぐれも慎重なご判断を!

引用元 http://www.sobahaku.jp/fx%E6%8A%95%E8%B3%87%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%BB%E8%A9%95%E5%88%A4/fxpersonal-fx/

利用する事はないですね。同感です。

今回、パーソナルFX(雅人・カール鈴木)についてレビューしました。

月収50万円以上稼げるようになる、FXトレードの個別指導という内容でした。

先ほども話したように、教えてもらえる手法がどれだけ良いものであっても、教わる側が努力できなければ稼げないのが、裁量トレードです。

それと、プロトレーダーの二人が指導してくれるようですが、塾生が多くなるとマンツーマンでの指導は厳しくなるのではないかと思います。

私は、FXの裁量トレードを人に教えた事はありません。

人に教えてお金を貰うなら、自分でトレードで稼いだ方が早いし楽だからです。

なので今回、雅人さんとカール鈴木さんが、マンツーマンで自分の時間を使ってまで、人に手法を教える気が知れません。

本当は稼いでないから、教えてお金稼ごうとしてるだけじゃないの?
と思ってしまいます。

引用元 https://www.bukkakemayo.com/archives/961

0円、無料っていうのはないですよね。

まとめ

今日は、「パーソナルFX」の紹介でした。
みなさん、いかがでしたでしょうか。
お決まりのパターンでしたね。

本サイトもみてみましょう。

完全個別指導、パーソナルFX無料セミナー開催!!

・あなたが50万円以上稼げるようになるまで、プロトレーダーがあなたの収益化を完全サポートします!

・FXセミナー参加費用0円

・確実に5万円儲かるトレード資金錬成術を公開

・業界最高峰の個別サポート体制

https://syu1onst.com/review/personal-fx.html

無料セミナーの範囲をしっかり書いてほしいですね。

そして、50万円以上稼げるようになるまでにいくらかかるか、どれくらいかかるか。
平均的な数値、最短、最長を教えてほしいです。

これらが本物であれば、勝つ人がどんどん増えて相場が成り立たなくなります。
おかしいですよね?

よくFXは1割の人が勝って残り9割の人が負けるという話があります。
そうなってくると、私なら、このような商材の手法を絶対他の人に教えませんが、
他人に教えるというのはどうしてでしょうか?

初心者、未経験者に商材を売って儲けているとしか思えません。

本当に稼げる商材は、普通に流通するものでは決してないように思います。
購入者の利益を確保するため、飽和を避けるでしょう。

まずは、徹底的に情報を集めるべきです。
私も情報を集め、みなさんに提供していきたいと思います。
そうすることで、このような商材に興味を持つことも無くなると思います。

それでは、また次回まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました