マーケティングFX 株式会社 e-FLAGS 楠山高広

The Marketing FX FX
The Marketing FX

こんばんは、セブンラボです。
早いもので、もう8月も終わろうとしています。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「マーケティングFX 株式会社 e-FLAGS 楠山高広」の紹介です。

それでは、紹介したいと思います。よろしくお願いします。

特定商法取引法に基づく表記

販売業者・・・ 株式会社 e-FLAGS
著者・・・ 楠山高広
住所 ・・・ 〒189-0012 東京都東村山市萩山町3-22-32
電話番号・・・ 042-393-7037 
販売URL ・・・ https://marketing-fx.jp/

評判

マーケティングFXの短所
・MT4を使ったことが無い人には難しいかも
・ボリュームが多すぎる
・モニター2台以上を推奨
・初心者向けとは言いがたい

引用元  https://fx-winwin.com/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%86%E6%9D%90/%E9%BB%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%88/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0fx%EF%BC%88the-marketing-fx%EF%BC%89%E3%81%AF%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%81/#FX-3

モニター2台以上…本格的とレーダーですね。
かっこよすぎます。

私は既にマーケティングFXの内容を見ていったんですが、
感想としては「実践するのはけっこう時間と労力かかりそう」という印象。

普通に裁量トレードするのを、トレンド判断ツール等を使って簡易化させたわけですが、
それらを使いこなすのも教材の学習が必要ですし、
マーケティングFXの内容自体がある程度高度なので、
簡単に誰でもパパっとサインひとつで稼げるようになります!という感じではないと思います。

引用元  https://fxking.biz/3478.html

さすがに簡単には稼げないと思っていますが、想像以上にたいへんそうですね。

そしてマーケティングFXを実践していますが、これがまたけっこうややこしい。
いえね、解説されているロジックやトレードのやり方はまっとうで素晴らしいんですが、
初心者や相場分析の基準がまだ無いトレーダーも同じようにトレードできるように、
様々なツールやオリジナルインジケーターが提供されているんですね。
それの使い方もシステム化されてて、それを覚えるのがややこしく感じます。

引用元  https://cyfons.biz/1107.html

システムが使いこなせないと、という感じでしょうか。

マーケティングFXの課題点
反対に、マーケティングFXの悪い所というか課題点と感じた部分は以下です。
 ・教材マニュアルが文章が殆ど → 動画での解説が欲しかった
 ・ツールの認証が必要 → 不正利用防止でしょうがないけど、ちょっと使いづらい
 ・とにかく覚えることが多い → 出来るだけシンプルに簡単にやりたいもんですが…
といった感じですが、基本的にはしょうがない部分な気もします。

完璧なツールはないかもしれませんが。。。
玄人向けですかね。

まとめ

今日は「マーケティングFX」の紹介をしました。
みなさん、いかがでしょうか。

評判は悪くないようですが、販売サイトを見てみましょ。

・真似すればかてるであろう
・FXの利益だけで生活したい!
・月50万以上稼ぎたい!
・通常ではありえない資金増加が
・適当に取引しても中々破産出来ない

https://marketing-fx.jp/

これはユーザーを煽った誇大広告ですよね。

情報商材はこういったオーバーな表現が多いですから、くれぐれも真に受けないでくださいね!

口コミを見ていると、あり得ないキャッチコピーに騙されるネットビジネス初心者さんがまだまだいらっしゃるようです。

FXは、魅力がありますが、初心者の方が手を出すには、リスクが大きい投資となります。

私もいろいろな商材に手を出し、失敗をしてきましたが、まだ成功に至っていないです。

そして、次の展開では失敗したくないですし、稼いで成功したいと思っています。

これらが本物であれば、勝つ人がどんどん増えて相場が成り立たなくなります。

おかしいですよね?

ただ、本当に稼げる商材は、普通に流通するものでは決してないように思います。

購入者の利益を確保するため、飽和を避けるでしょう。

まずは、徹底的に情報を集めるべきです。

私も情報を集め、みなさんに提供していきたいと思います。

そうすることで、このような商材に興味を持つことも無くなると思います。

それでは、次回まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました